三鷹市の歯医者 成城さくら歯科三鷹院|三鷹駅徒歩3分|義歯(入れ歯)治療

義歯治療
義歯治療とは
義歯治療は、失われた歯や歯茎、あるいは顎の骨を補うために、人工的に作られた義歯を使用する治療法を指します。 具体的には、抜歯や事故、疾患などによって失った歯を補うための入れ歯やブリッジなどがあります。義歯治療には、患者さんの口腔内の状態や顎の骨の状態、義歯を使用する目的に応じて、適切な種類の義歯を選ぶ必要があります。また、義歯の装着後も、定期的なメンテナンスや清掃を行うことが重要で、咀嚼や発音機能を回復させることができ、生活の質を向上させることができます。
精度の高い義歯治療を行うための取り組み
豊富な入れ歯の種類
当たり前ですが、患者さん一人一人同じ口腔内は存在ません。歯の形、顎の大きさ、生活環境など様々な要因がありみなさん違います。どんな状況でも患者さんの願うゴールに辿り着く様に様々な入れ歯の種類をご提供できる様にしております。BPSデンチャー、ノンクラスプデンチャー、金属床義歯、保険の入れ歯をご用意しております。患者さんのお話をよく聞き一番適切な治療を提供できる様に当院は努めております。
過去の姿を取り戻すための噛み合わせ検査
治療前に、患者さんの歯が健康であった時代の写真をお借りすることがあります。 その頃の笑顔や歯の状態を取り戻すことめざして、義歯をお作りします。噛み心地がよいだけではなく、お顔全体にフィットした、自然な見た目の義歯を実現します。そのために専用のデジタル機器を使い、かみ合わせを検査します。力のかかり具合を精密に測定し、入れ歯が適切なかみ合わせとなるように設計していきます。
適切な設備の導入
精密な入れ歯を制作するためには、精密な歯型を取る必要があります。 当院では「電動アルジネーター」という機器を使用して、型の材料を練和します。それにより、気泡が少なく変形がほとんどない、精度の高い歯型を製作することができます。
入れ歯の種類
精密義歯BPSデンチャー
「BPS」とは、Ivoclar Vivadent社が開発した生体機能的補綴システム「Biofunctional Prosthetic System」の略です。「よく噛める・痛くない・外れない・美しい」を実現する、システム化された新しい製作方法で、噛むたびに吸い付くような機能的な義歯を製作できます。
当院は、BPSデンチャー国際ライセンスを取得しています。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーは、その名の通り「クラスプ」という金属のバネがない部分入れ歯です。プラスチックでできた義歯床を、歯ぐきにそのまま装着できます。義歯床の部分は歯ぐきに近い色をしているため、口を開けても入れ歯だとわかりにくく、バネもないため、見た目が優れています。また、周りの歯への負担も抑えることができるというメリットもあります。
デメリットとして、クラスプがないため、噛んだときに動きやすいという点があります。
金属床義歯
金属製の義歯床の総入れ歯です。
プラスチック床に比べ、食べ物の温度を感じやすいので、お食事がおいしく感じられます。
また、金属の部分は汚れにくく、お手入れがしやすくなっています。さらに、薄くしたり曲げたりすることができ、お口の中の形に合わせて形状を調整しやすいというメリットもあります。
白金加金・チタン・コバルトクロムを使うことができます。
保険の入れ歯
当院では費用のかかる自由診療の義歯だけではなく、保険診療の義歯にも力を入れています。
保険診療では入れ歯の材質が限定されてしまいますが、それをカバーするために入れ歯の設計や歯の型取りをしっかりと行います。歯ぐきにピッタリとフィットさせ、バネの横揺れを防ぎ、なるべく残存歯に負担がかからない入れ歯を製作します。